宅配ボックスのハウツーならおまかせください!

この記事をシェアする

これがあれば再配達とはおさらば!

宅配ボックスとは?

宅配ボックスとは、先述のとおり不在時に配達された荷物を入れておくための箱のことです。マンションに設置されているものにはロッカーのような見た目のものが多く、パスワードで開くものや、カードキーで開くものなど種類があります。
最近はマンションに設置されているものだけではなく、大手メーカーが個人向けものを販売しているものもあり、一万円以下で購入できます。こちらはクーラーボックスのようなものやポストのようなものなど見た目から様々な種類があります。設置しておけば不在がちでも再配達の手間が無くなるため非常に便利です。ただし、対面での受け渡しが義務化されているレターパックや書留のものは受け取れないので注意してください。また個人向けの宅配ボックスは一般的ではないため、配達員さんが宅配ボックスを認識してくれないこともあります。

宅配ボックスに入れてくれないもの?

レターパックや書留は宅配ボックスで受け取ることができませんが、他にも宅配ボックスで受け取れないものがあります。
食品全般やクール便の荷物は衛生面や安全性の点から禁止。貴重品の類は、防犯面から。代引き・着払いのものは受け取り時に金銭のやりとりが発生するため直接受け取る必要があります。また、品名が記入されていないなど、中身が何なのかわからないものは、ボックスに入れて問題ないものか配達員さんが判断できないため、荷物を持ち帰ってしいます。
他に、配達員さん自身が判断してボックスに入れないことがあるものもあります。重たいものや家電製品などがそれで、重たいものはボックスから部屋まで運ぶのが大変だろうと判断した場合に持ち帰ります。家電製品は、ボックスに入るような小さなものでも高価なものがあるため、防犯面から持ち帰ることが多いようです。



PAGE
TOP